トップページ > 文化・スポーツ・教育 > 文化・スポーツ > Kyoto Art for Tomorrow -京都府新鋭選抜展-

ここから本文です。

Kyoto Art for Tomorrow -京都府新鋭選抜展-

Kyoto Art for Tomorrow -京都府新鋭選抜展- とは

本展は、京都の地で新しい芸術の創造に取り組む新進の若手作家を顕彰し紹介する展覧会です。京都文化博物館を会場として、美術系大学や画廊、美術館学芸員をはじめとする有識者から推薦された候補作家の中から、選考委員会で選抜された才能あふれる若手作家の作品を展示いたします。

image01 image02

開催概要

Kyoto Art for Tomorrow 2021 -京都府新鋭選抜展-

会期:

2020年1月23日(土曜日)〜2月7日(日曜日)
*休館日:月曜日
*開室時間10時00分~18時00分。金曜日は19時30まで。(入室はそれぞれ30分前まで)

会場:

京都文化博物館 4階展示室

入場料:

一般500(400)円、大学生400(320)円、高校生以下無料
*(カッコ)内は20名以上の団体料金
*上記料金で、2階総合展示・3階フィルムシアターもご覧いただけます

主催:

京都府、京都文化博物館

後援:

京都新聞、朝日新聞京都総局、毎日新聞京都支局、読売新聞京都総局、産経新聞社京都総局、日本経済新聞社京都支社、NHK京都放送局、KBS京都、 エフエム京都、京都商工会議所、京都日本画家協会、京都工芸美術作家協会、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川

出品作家:

石田 小榛、石田 翔太、井上 康子、今井 完眞、岩井 晴香、上原 浩子、大槻 拓矢、勝木 有香、加納 俊輔、川田 知志、菊池 ルイ、貴志 在介、給田 麻那美、桐月 沙樹、栗棟 美里、近藤 大祐、ジダーノワ アリーナ、嶋 春香、田中 雅文、谷内 春子、陳 湘璇、土取 郁香、釣 光穂、唐仁原 希、堂東 由佳、長沢 優希、中山 明日香、肥後 亮祐、堀川 すなお、前谷 康太郎、町田 藻映子、三橋 卓、薬師川 千晴、山下 耕平、山田 千尋、山羽 春季、山本 伊代奈、六根 由里香、若木 くるみ、和田 直祐

選考・審査委員:

太田垣實 (美術評論家)、菅谷富夫(大阪中之島美術館 館長)、建畠晢(多摩美術大学 学長、京都芸術センター館長)、中井康之(国立国際美術館 研究員)、不動美里(姫路市立美術館 副館長)

特別出品:

高嶺 格「118の除夜の鐘」
時間 10時00分~19時30分、会場 別館ホール 注※入場無料

展覧会の詳細につきましては、京都文化博物館ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

「Kyoto Art for Tomorrow 2021 -京都府新鋭選抜展- 」受賞者

 【プレスリリース】「Kyoto Art for Tomorrow 2021 -京都府新鋭選抜展- 」受賞者決定(PDF:523KB)

最優秀賞 最優秀賞 ジダーノワ アリーナ「バーブシュカ」
優秀賞 優秀賞 肥後 亮祐「Null Island」
メディア賞 京都新聞賞 中山 明日香「Rebellion」
朝日新聞社賞 加納 俊輔「Pink Shadow_35/ Pink Shadow_36」
毎日新聞社賞 嶋 春香「“蒐集”シリーズ<2020.4.7-2021.1.4>」
読売新聞社賞 勝木 有香「渦の中のリズム」
産経新聞社賞

栗棟 美里「あなたはこの世界にいるかもしれない。

もしくはいないかもしれない。」

日本経済新聞社京都支社賞 井上 康子「耕境」
NHK京都放送局賞 今井 完眞「Macaw」
国際賞 アンスティチュ・フランセ関西賞 長沢 優希「Komorebi」
ゲーテ・インスティトゥート・
ヴィラ鴨川国際交流賞
ジダーノワ アリーナ「バーブシュカ」

 

これまでの受賞者

 過去の受賞者一覧(PDF:210KB)

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化芸術課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4223

bungei@pref.kyoto.lg.jp