ホーム > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 文化スポーツ部 文化政策室 > 京都府立京都学・歴彩館 指定管理者等選定審査会議事要旨について

ここから本文です。

京都府立京都学・歴彩館 指定管理者等選定審査会議事要旨について

1 開催日時

令和元年9月10日(火曜日)午前9時から午後0時25分まで

2 場所

京都府庁1号館1階 文化スポーツ部・府民環境部会議室

3 出席者

選定審査会委員(五十音順)

中野 淑夫(公認会計士)
波多野 進(京都学園大学名誉教授)
松永 敬子(龍谷大学教授)
水谷 智子(株式会社アイエヌジーリンク代表取締役)
渡部 隆夫(元国民文化祭実行委員会副会長・企画運営委員長)
【事務局】
京都府関係職員

4 議題

指定管理者の選定について
(対象施設:京都府立京都学・歴彩館)

5 議事概要

(1)申請団体からのヒアリング・質疑
全申請団体に対してヒアリング及び質疑を実施
→応募団体から提案内容説明

<主な質疑内容>

応募団体A

  • 開館時間について、要望に応じてどの程度柔軟に対応するのか。
    →他施設でも1~2時間の融通をきかせている。閉館時間は交通機関が動いている時間帯にする必要があるが、他施設と同程度は対応したい。
  • ホールの稼働率をアップさせる根拠はあるのか。
    →大ホールは40%の稼働率を目指しているが、1年目は準備期間とし、まずは歴彩館を知ってもらうことから始め、営業等を通して1年ごとに積み上げていきたい。
  • 大学との連携などについて、どのように考えているか。
    →大学のプログラムが確定していなかったので言及できなかったが、連携は積極的に進めていきたい。「京都学」等については、大学の協力を得て事業として成り立つようにしていく。

応募団体B

  • 開館時間に関する要望については、どの程度まで対応するのか。
    →現在の21時00分までの開館時間は、長く営業しているほうだと考えている。多少の延長等は現在計画している人員配置で対応できるが、24時00分まで等遅くまで開館させる場合は、人員配置の再構築などを検討したい。
  • 自主事業において、ホールの稼働率をどの程度に想定しているか。
    →まだ想定できていない。今後、想定したい。
  • 大学との連携は重要であるが、他の施設で実際に行った例はあるか。
    →実績はないので、今後、大学と連携について相談していきたい。

(2)申請団体の申請内容の審査
各委員による適否の審査、採点集計

(3)指定管理者候補団体の選定
審査の結果、「コングレ・日本管財・丸善雄松堂共同事業体(株式会社コングレ・日本管財株式会社・丸善雄松堂株式会社)」を、審査会として指定管理者候補団体に選考

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4223

bunsei@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?