ホーム > 暮らし・環境 > 住宅・土地 > 『地籍調査』・なに?? > 地籍調査事業の事務の流れ

ここから本文です。

地籍調査事業の事務の流れ

一筆ごとの土地について、その所有者・地番・地目の調査並びに境界・土地の測量を行い、その結果を地図及び簿冊として作成します。この調査結果は、登記所に備え付けられます。

地籍調査を行うことを住民の方々に説明
(事業の計画・準備)

調査を実施しようとする市町村が、住民の方々の要望をお聞きし、いつ、どの地域を調査するかを決めます。
この計画について、調査を行う地域の住民の方々に集まっていただき、調査の内容やその必要性を伝える説明会を行います。

住民の方々が境界を確認
(一筆地調査)

公図などをもとに作成した資料を参考に、境界をはさんだ土地所有者の方々に、双方の合意の上で土地の境界を確認してもらいます。
このようにして確認された境界に、「杭」を打ちます。この杭は将来にわたって各筆ごとの土地の境界(筆界)を示す大切な杭となります。

※ 境界が決まらない時は、筆界未定として扱います
※ 所有権を移転することはできません

市町村等が確認いただいた境界を測量
(地籍測量)

測量の基礎となる図根点を設置し、段階を踏んで各筆ごとに地球上の位置を決める測量を行います。
各筆ごとの位置が決まったら、その結果をもとに正確な地図(地籍図)を作り、面積を測ります。

地籍調査の結果(地籍図・地籍簿)の確認
(閲覧)

一筆地調査と地籍測量の結果をまとめ、地籍図と地籍簿を作成します。
作成した地籍図と地籍簿を、住民の方々に閲覧していただき、確認を行います。閲覧場所は市町村役場で、期間は20日間です。結果に誤り等があった場合には、申し出て下さい。ここで確認された地籍調査の結果が、最終的な地籍調査の成果となります

地籍調査の結果が登記所の備え付け地図へ
(閲覧)

地籍調査の成果(地籍図と地籍簿)は、その写しが登記所に送付されます。
登記所では、地籍簿をもとに登記簿を修正し、それまで登記所にあった地図の代わりに、地籍図を登記所備え付けの正式な地図となります。

お問い合わせ

農林水産部農村振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5039

noson@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?