ホーム > 地域振興 > 広域振興局 > 京都府中丹広域振興局 > 中丹広域振興局 建設部 > 綾部インター線(白瀬橋)地域自主戦略交付金(橋修)事業

ここから本文です。

中丹広域振興局

綾部インター線(白瀬橋)地域自主戦略交付金(橋修)事業

 主要地方道綾部インター線は、国道27号や綾部市街地と舞鶴若狭自動車道綾部インターチェンジを結ぶ路線で、震災時における緊急輸送道路にも指定されている重要な幹線道路です。
 一級河川由良川に架かっている白瀬橋は、本路線において重要な役割を担っている橋ですが、大地震が発生した場合でも、橋桁が落下する被害を受けないよう、平成21年度から、耐震補強工事(落橋防止装置、橋脚補強)を進めています。 
 平成23年度までに、上部工(橋桁)の落下を防止するための落橋防止装置を設置しました。

 今後、下部工(橋脚)の補強を行い、更に耐震補強を進めます。


             白瀬橋の現況

全体計画

  • 事業期間:平成21年度~
  • 事業箇所:綾部市青野町~里町地内
  • 全体延長:320m
  • 計画幅員:6.0(12.5)m
  • 事業費:約7億円


      耐震補強(落橋防止装置)の完成状況

事業効果

  • 災害発生時の避難路、緊急車両・緊急物資輸送路が確保されるよう、道路の安全度を高めます。

工事実施状況(平成24年5月現在)


    橋脚部分の施工状況(H23完了箇所と今後の予定)

位置図

 



 

お問い合わせ

中丹広域振興局建設部 中丹東土木事務所

綾部市川糸町丁畠10-2

ファックス:0773-42-7546

chushin-do-higashi@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?