ここから本文です。

中丹広域振興局

熱中症予防情報

熱中症予防情報

熱中症予防について

気温が高い日が続く時期は熱中症予防に注意が必要です。
特に令和2年度は新型コロナウイルスの出現に伴い「新しい生活様式」が示されました。
場所・場面によってマスクをはずすなど、例年以上に熱中症に気を付けましょう。

熱中症とは

高温環境下で、体内の水分や塩分のバランスや体内の調整機能がくずれて発症する障害

どんな症状がありますか?

軽症:めまい・立ちくらみ・筋肉痛・筋肉の硬直
中等度:頭痛・気分の不快・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感【病院への搬送が必要】
重症:意識障害・痙攣・手足の運動障害など【入院して集中治療が必要】

熱中症を疑ったときはどうすればよいでしょう?

涼しい場所へ避難する
衣服を脱がせて体を冷やす(首・脇の下・大腿の付け根などを冷タオルや氷嚢で冷やす)
水分や塩分補給(食塩水:水1リットルに対し1から2gの食塩)
医療機関へ運ぶ(自力で水分の摂取ができないときは、緊急で医療機関に搬送)

熱中症を予防するには《日常生活注意点》

暑さをさける
〔外では〕日陰を歩く、日傘をさす、帽子をかぶる
〔家の中では〕扇風機やエアコンを上手に利用、すだれやブラインドを垂らす

衣服の工夫
綿や麻のゆったりした服装、黒色系の色はさける

こまめに水分を補給する、お茶やスポーツ飲料で補給する
★アルコールは尿量を増やし水分が排泄され逆効果

高齢者の注意点

高齢者は体温調節機能が低下する

「暑い」と感じにくい
発汗・皮膚血流量の増加が遅れる
発汗量・皮膚血流量が低下する
のどの渇きを感じにくい

【注意点】
こまめに水分を補給する
こまめに室温を測る

詳しい情報は・・・

リーフレット

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

中丹広域振興局健康福祉部 中丹西保健所

福知山市篠尾新町一丁目91

ファックス:0773-22-0429

chushin-ho-nishi-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?