ホーム > 暮らし・環境 > 環境・自然・動植物 > 動物の飼養管理と愛護について > ペットはその命を終えるまで、終生大切に飼いましょう。

ここから本文です。

ペットはその命を終えるまで、終生大切に飼いましょう。

~犬や猫の引取りについて~

平成23年度は全国で17万頭もの犬・猫が殺処分されています。
人間の勝手な都合で家族の一員である犬・猫を処分してしまっていいのでしょうか。
「飼えなくなった。」と保健所に引取りに出す前に、もう一度、家族全員で次のことを話し合い、犬・猫の命のことをよく考えてみましょう。

1.新しい飼主を探しましたか。

引越しや家族の介護等で犬・猫をどうしても飼えなくなった時は、新しい飼い主を探してください。親戚、ご近所や知人にお願いしたり、情報誌やインターネットの里親募集サイト等で飼主を募集する方法もあります。
新しい飼い主さんを探すため、あらゆる手を尽くしてください。

2.犬の訓練士などに相談しましたか。

咬みぐせ等の問題行動は、しつけでも直すことができます。

3.避妊・去勢手術を考えましたか。

子犬、子猫が産まれてしまって今以上飼えないなら、飼い犬・猫に避妊去勢手術を受けさせましょう。

次の場合、原則、引取りをお断りします。

(1)新たな飼主を探す努力を行っていない場合

(2)犬猫が老齢又は病気であることを理由とする場合

(3)子犬や子猫の引取り依頼において、避妊去勢手術等の指示に従わない場合

(4)引取りを繰り返し求められた場合

(5)飼養が困難とは認められない場合

(6)犬猫等販売業者から引取依頼があった場合


それでも飼えない場合は、お近くの保健所に御相談ください。

なお、動物を捨てることは法律で禁止されており、100万円以下の罰金が科せられることがあります。

終生飼養ポスター

 

 

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4780

seikatsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?