ホーム > 健康・福祉・人権 > 福祉・高齢者・障害者 > 京都府災害派遣福祉チーム(京都DWAT)

ここから本文です。

京都府災害派遣福祉チーム(京都DWAT)

京都府災害派遣福祉チーム(京都DWAT)とは

京都府では、災害時の避難所において、避難生活を送る上で想定される要配慮者(※)の体調や心身状況の悪化などの二次被害を防ぐため、平成26年度に福祉専門職で構成するチームを編成しました。府内の各地域ごとに12チームを編成しており、約140名(事務局含む)がチーム員として登録しています。(平成31年2月時点)

注※要配慮者とは・・・災害対策基本法第8条第2項第15号に規定する「高齢者、障害者、乳幼児その他の特に配慮を要する者」。なお、避難所で避難生活を過ごす中で、体調を崩される方も含みます。

 京都DWATイメージ図(PDF:612KB)

活動内容

チーム員は、災害時には避難所で福祉的な目線で現地の方々に寄り添った支援を行うほか、平常時から災害時に備えた活動を行っています。

災害時

  • 避難者の日常生活の課題整理、避難所環境の整備[段差をなくす、通路の確保など]
  • 要配慮者のニーズ把握のための聞き取り(アセスメント)[必要に応じ福祉避難所へ繋ぐなど]
  • 関係機関への受入、相談などのコーディネート
  • 要配慮者からの相談対応及び応急的な介護等の支援
  • 市町村、医療救護班、保健活動班などと連携した要配慮者の支援 など

 平常時

  • 京都DWAT養成研修・訓練への参加
  • 地域で実施する「福祉避難サポートリーダー養成研修」への参画
  • 地域の防災訓練や行事等への参加
  • 災害に備える平常時の地域づくりへの協力 など

活動実績

 災害時派遣

  • 平成28年熊本地震

(期間)平成28年5月13日~31日 (派遣人数)5名×3班 計15名

(派遣先)益城町交流情報センター

派遣活動報告(PDF:1,359KB) 京都DWATまゆまろ

  • 平成30年7月豪雨 (西日本豪雨)

(期間)平成30年7月20日~8月13日 (派遣人数)4名×6班 計24名

(派遣先)倉敷市立岡田小学校

派遣活動報告(PDF:1,414KB)

 平常時の活動

  • 平成28年度から地域の防災訓練等に参画し、地域の皆さまと連携した取り組みを行っています。

京都DWATパンフレット

チーム紹介のためのパンフレットを発行しました。チーム員が地域での活動の際に活用しています。

 パンフレット表紙

 

 

京都DWATまゆまろ

  京都DWATの普及を図るためDWATまゆまろを作成しました。

京都DWATまゆまろ ふきだし

DWAT署名

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部介護・地域福祉課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4572

kyotodwat@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?