ここから本文です。

中山間ふるさと保全基金活動

中山間ふるさと保全基金とは

水と土と人のネットワークづくりに向けて

あなたのふるさとありますか?
心のふるさとありますか?
私達は守ろうとしています。
育てようとしています。
私達の活動を知ってください。
参加してください。

日本から村がなくなる、こんなことを言っても誰も信じないでしょう。
でも、ある新聞に次のような記事が載っていました。
現在人口が3000人以下の303市町村のうち、半分以上の165市町村では、1960年からの35年間に、人口が5割以上減っていると。
農村から人が去り、生活を営む空間(水路・道路・農地)が守られなくては、私達が戻る「ふるさと」がなくなってしまいます。
このことは、農村の持つ様々な役割が失われていくことにつながります。
そこで、京都府では平成6年3月に農村の生活空間(水路・道路・農地)を守るための『京都府中山間ふるさと保全基金』を設置しました。

この基金は、各市町村においても順次『市町村中山間ふるさと保全基金』として設置されており、府基金と市町村基金が連携を図りながら、府民の方々に中山間地域の現状を知ってもらい、都市の人達の協力も得ながら、水路、道路、農地を守り、育てる活動を行っていきたいと考えています。

その一つとして農村に魅力を感じる人達が集まり、農村住民の方々と一緒になってふるさとを守り育てる、農村ボランティア活動も始まりました。
あなたも『新・田舎人』になって基金活動に参加してみませんか。

京都府中山間ふるさと保全基金活動 概念図

≪ふるさとの保全を促進するシステム≫

システム図

用語の説明

京都府中山間ふるさと保全委員会

府の基金活動を効果的に進めるに当たり、中山間地域の抱える諸問題や、その活性化方策について提言を得るために、京都府が設置している委員会

市町村保全委員会(名称は市町村によって異なる)

市町村の基金活動を行うに当たり、活動内容に対して助言を行う他、市町村全体で行う活動を実施するために、市町村が設置している委員会

ふるさと保全指導員(仮称)

市町村の基金活動に対する推進指導や助言を行う、地域住民活動の活性化のための指導員

集落委員会(名称は活動によって異なる)

集落で実際に基金活動を行うために集落において設置する委員会

ふるさと保全推進委員(名称は活動によって異なる)

集落で基金活動を行う際の、その活動の指導者

地域座談会

地域の要望の把握や問題点を整理するために、行政と地域住民の話し合いの場

ワークショップ

住民が主体的に、地域の問題点やその解決手法について検討する手法(場)

新・田舎人ネットワーク

基金活動参加者、農村の保全を行っている人、農村の保全に興味のある人などで、この基金活動に賛同する方々が意見交換、情報提供、連絡等を行うネットワークの呼称

ふるさと保全隊(仮称)(名称は活動によって異なる)

(1)都市住民または非農家で田舎体験や保全活動に参加する人達の組織

(2)現在、水路や道路を守っている人達の組織

(3)(1)と(2)の人達が一体になって保全活動等を行う組織

ルーラル・レクレーション

主として都市住民が、農村地域の保全に係る体験並びに農村の公益性について学ぶための活動などの総称

グリーンカバー

主として農村住民が行う、農地、農道、水路、ため池等の保全活動の総称

ふるさと保全フォーラム

農山村の公益的な機能や、農村住民が行っている維持管理作業について、府民の方々に理解を深めてもらうために開催するフェスティバル、シンポジュウム等の総称

調査・研究

  • 基礎資料
  • 知ってもらいたいデータ
  • 作業の軽減手法の調査研究
  • 管理システムの検討・研究

広報活動

  • メディア(新聞・TV・ラジオ)
  • パンフレット・リーフレット
  • ビデオ・手引き等
  • インターネット

保全活動

  • グランドカバー植物
  • 草刈り
  • 泥上げ
  • 清掃

田舎体験

  • 子供教育
  • ふるさと体験
  • 田舎ツーリズム
  • 棚田オーナー
  • ルーラルトラスト

お問い合わせ

農林水産部農村振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-5036

ファックス:075-414-5039

noson@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?