ここから本文です。

子宮頸がん検診啓発マンガを作成しました!

子宮頸がん検診受診啓発マンガを作成しました!

京都府は京都精華大学と平成26年6月に連携・協力に関する包括協定を締結しています。

今回、その一環としてマンガ等を用いて府政の啓発用資材を作成し、府民啓発・府民運動の充実に取り組むため、全国でも検診受診率が低い子宮頸がん検診について、女子大生等を対象とした若年層向けの啓発マンガを作成しました。

配架等ご希望の際は、健康対策課がん対策係までご連絡ください。

啓発マンガの全編はこちら「20歳からの子宮頸がん検診~定期的な検診であなたの未来が守れます~(PDF:3,695KB)

<参考>子宮頸がんについて

〇罹患数

子宮頸がんは、日本全国で1年間に約11,000人が診断されます。子宮頸がんと診断される人は20歳代後半から増加して、40歳代でピークを迎え、その後横ばいになります。

  <出典:全国がん登録2017年症例>

〇がん検診受診率

京都府における子宮頸がん検診率は全国的にも低く、令和元年調査では全国第44位でした。
京都府では「第2期京都府がん対策推進計画」で2023年までに受診率50%を達成することを目標にしています。

  <出展:国民生活基礎調査>

 

〇生存率

子宮頸がんは検査で早期発見・早期治療すれば90%以上が治癒します。
※診断時から5年相対生存率のこと。

 

子宮頸がん(病期別) 相対生存率(5年)
子宮頸がん(全体) 75.0%
Ⅰ期 95.0%

Ⅱ期

79.6%
Ⅲ期 62.0%
Ⅳ期 25.0%

<出典:がん診療連携拠点病院等院内がん登録生存率集計>

子宮頸がんについて詳しくは、国立がん研究センターがん情報サービス(外部リンク)をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?