ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > 京都府がん情報ネット > 京都府がん患者生殖機能温存療法助成事業について

ここから本文です。

京都府がん患者生殖機能温存療法助成事業について

京都府がん患者生殖機能温存療法助成事業について

将来子どもを産み育てることを望む小児・AYA世代(思春期・若年)がん患者が、がん治療開始前に生殖機能を温存することで、将来に希望を持ってがん治療に取り組むことが出来るよう、平成29年度から、下記の京都府がん患者生殖機能温存療法助成事業を実施します。

手続きフロー(PDF:307KB)

京都府がん患者生殖機能温存療法助成事業実施要綱(PDF:149KB)(平成30年10月1日改正)

質疑応答集(PDF:104KB)

がん患者生殖機能温存療法助成事業のごあんない(PDF:490KB)

対象者

以下の(1)~(4)を全て満たす方が対象になります。

(1)がんと診断された日から生殖機能温存療法実施日までの間において京都府内に住所を有する者

(2)ガイドライン(※)に基づき、がん治療により生殖機能が低下する又は失う恐れがあると医師に診断された者

(3)生殖機能温存療法実施日における年齢が40歳未満の者

(4)京都府が別表に定める医療機関において生殖機能温存療法を受けた者

(※)「小児、思春期・若年がん患者の妊孕性温存に関する診療ガイドライン 2017年版」(一般社団法人 日本癌治療学会 編)

 

別表

未受精卵子

胚(受精卵)

卵巣組織

日本産科婦人科学会の「医学的適応による未受精卵子、胚(受精卵)および卵巣組織の凍結・保存に関する見解(平成28年6月改定)」に準じて生殖機能温存療法を行う医療機関(外部リンク)
精子 がん治療主治医から紹介を受けた医療機関

対象となる生殖機能温存療法

  • 生殖機能が低下する又は失う恐れのあるがん治療開始前に、ガイドライン(※)に基づき行われる精子、卵子、卵巣組織の採取及び凍結並びに胚(受精卵)の凍結
  • 平成29年4月1日以後に開始した生殖機能温存療法に対して助成を行います。

助成の実施方法

  • 対象者が、医療機関において生殖機能温存療法のために要した費用の一部を助成します(償還払)。
  • 生殖機能温存療法に要した保険適用外の費用に対して、男性は3万円、女性は20万円を上限とし、1人1回のみの助成とします。
  • 助成の対象となるのは、生殖機能温存療法に要する費用とし、入院費、入院時の食費等の直接関係のない費用及び凍結保存の維持に係る費用は対象外とします。

申請手続き

提出書類

  1. 申請書(様式第1号)(PDF:248KB)
  2. 京都府がん患者生殖機能温存療法助成事業証明書(様式第4号)(PDF:135KB)※生殖機能温存療法実施医療機関において記載
  3. 京都府がん患者生殖機能温存療法助成事業証明書(様式第5号)(PDF:101KB)※がん治療実施医療機関において記載 (平成30年10月1日改正)
  4. がんと診断された日から生殖機能温存療法実施日までの間において京都府に居住していたことを証明する書類(住民票の写し等)
  5. 生殖機能温存療法についての同意書(PDF:85KB)

提出方法

郵送の場合

【宛先】〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町 京都府健康対策課

注※封筒の表に「生殖機能温存療法助成申請書在中」と朱書きしてください。

持参の場合

【受付窓口】京都府健康福祉部健康対策課 がん対策担当(府庁2号館3階)

【受付時間】平日(月曜日から金曜日(祝祭日、年末年始を除く。))午前8時30分~12時、午後1時~5時

申請の期限

  • 特段の事由がない限り、生殖機能温存療法実施日(精子、卵子又は卵巣組織の採取を行った日)から1年以内に申請を行ってください。
  • ただし、平成29年4月1日~平成30年3月31日までの間に生殖機能温存療法実施日が属する場合は、平成31年3月31日までの申請を認めます。

注意事項

  • 助成決定金額は、京都府健康対策課から文書で通知します。
  • 書類に不備がある場合、助成金を交付できないことがありますので、ご注意ください。
  • 医療機関によっては、様式4及び5の発行に費用がかかる場合がありますが、その費用は自己負担となります。
  • 他の法令等の規定により、国又は地方公共団体の負担による医療に関する給付を受けている方は、本助成は受けられません。
  • 本事業は、生殖機能温存療法に要した医療費を申請に基づき京都府が助成するものであり、がん治療及び生殖機能温存療法、またがん治療後の妊娠等、その医療内容について京都府が保証する、もしくは責任を負うものではありません。

個人情報の取り扱いについて

得られた個人情報について当助成事業の目的である総合的ながん対策に必要な目的(全国がん登録などを利用した調査及び分析、アンケート調査等)以外には使用しません。また、得られた個人情報は厳重に管理し、漏洩、不正流用、改ざん等の防止に適切な対策を講じます。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?