ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > 京都府がん情報ネット > ピロリ菌除菌治療費の一部を助成します!

ここから本文です。

ピロリ菌除菌治療費の一部を助成します!

 健康診断、人間ドック、市町村検診等でのピロリ菌検査・ABC検査でピロリ菌感染やその疑いがあると判明した方が行う保険適用の一次除菌治療に要する経費の一部を助成する事業を、29年度から開始しました。

 注)健康診断等を経ずに、はじめから医療機関で診療としてピロリ菌検査を受けた場合(保険適用となる処置の一つとしてピロリ菌検査を受けた場合)は、対象となりません。

1 対象となる治療

健康診断や人間ドック、市町村検診等でピロリ菌感染(疑い含む)が判明した方が行う保険適用の一次除菌治療。
→ 対象となる治療の流れの例(PDF:231KB)
注1※ 保険適用で治療を受けるためには、胃内視鏡検査を経る必要があります。
注2※ 除菌薬の処方~服薬~判定検査(結果説明まで)に要した診察料や薬剤費、除菌治療後の判定検査費等が助成対象です。
注3※ 健康診断等を経ずに、はじめから医療機関で診療としてピロリ菌検査を受けた場合(保険適用となる処置の一つとしてピロリ菌検査を受けた場合)は、対象となりません。

2 助成対象者

次に掲げる要件を全て満たす方。

(1) ピロリ菌除菌薬を処方された日及び助成申請日において、京都府内に住所を有する方
(2) 健康診断や人間ドック、市町村検診等でピロリ菌感染(疑い含む)が判明した方

※ 健康診断等を経ずに、はじめから医療機関で診療としてピロリ菌検査を受けた場合(保険適用となる処置の一つとしてピロリ菌検査を受けた場合)は、対象となりません。

3 助成額

上限 2,000円

注※ 助成対象となる除菌治療に要する自己負担額が2,000円に満たないときは、その額。

4 申請

 助成希望者は、原則として除菌治療結果の判定検査を受けた年度内に、必要な添付書類(対象費用を支払ったことが分かる領収書及び診療明細書の写し等)とともに申請書を、京都府健康対策課に提出してください。

(1) 申請期限
原則、除菌治療結果の判定検査を受けた年度内に申請してください。
注※ ただし、1~3月に判定検査を受けた場合の申請期限は、翌年度6月末です。

(2) 申請書類

  1. 申請書(PDF:159KB) (記載例(PDF:206KB)
  2. ピロリ菌感染(疑いを含む)が判明した健康診断等の結果通知書
    注)医療機関での診療以前に受けた検査の結果を添付してください。
  3. 医療機関が発行する領収書と明細書の写し(次のア~ウ)
    ( 除菌治療薬が処方されたときの費用が分かるものとして)
    ア 病院(診療所)の領収書と診療明細書
    イ 薬局の領収書と調剤明細書
     注※薬を処方された機関の明細書の代わりとして、お薬手帳でも可。ただし、いずれも領収書は必須。
     ( 除菌治療結果の判定検査と、検査結果説明のときの費用が分かるものとして)
    ウ 病院(診療所)の領収書と診療明細書
  4. 住所が確認できる書類
    例)「健康保険証」、「運転免許証」、「住民票」の写し(マイナンバーの記載のないもの)

(3) 申請方法

  1. 郵送 
    宛先: 〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
    京都府 健康福祉部 健康対策課 がん対策担当
  2. 持参
    受付窓口: 京都府 健康福祉部 健康対策課 がん対策担当(府庁2号館3階)
    受付時間: 平日午前9時~12時、午後1時~5時

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?