ホーム > 府政情報 > 広報・情報公開等 > 報道発表資料 > 洛西浄化センターの放流水からの六価クロムの検出について

ここから本文です。

洛西浄化センターの放流水からの六価クロムの検出について

報道発表日:令和2年1月21日

建設交通部水環境対策課
075-414-5200

 

 20日、洛西浄化センターの処理場放流水から基準を超える六価クロムが一時的に検出されましたので、お知らせします。
 
現在、放流水からは検出されておらず、健康への影響等は想定されませんが、引き続き、監視体制を強化するとともに、排出源の特定に向けた調査を進めております。

1 分析結果

〇洛西浄化センターの放流水から、六価クロム 1.1mg/lを検出

    ・基準値(0.25mg/l)を超過(基準値の4.4倍)(15日及び16日)

   ・14日、17日は基準値内(18日以降は不検出)

 

洛西浄化センターにおける放流水の水質分析結果(単位:mg/l)

採水日

14日

15日

16日

17日

18日以降

基準値

六価クロム

0.18

1.1

1.1

0.05

不検出

0.25

 

2 これまでの経過等

<分析経過>

  ○14日の放流水の水質分析(16日夕刻に判明)の結果、六価クロムを検出(0.18mg/l:放流水質基準内)

  ○基準値内ではあったが、通常検出されない六価クロムであったことから、監視体制を強化した。

【強化策】

 ・流入水を1時間毎に簡易分析、16日夕刻以降は不検出であることを確認

 ・15日及び16日の放流水の定量分析(20日に水質検査結果が判明)において基準を超える六価クロムを検出(1.1mg/l)

 ・17日は基準値未満(0.05mg/l)

 ・18日以降は不検出

<対応>

 ○六価クロムの排出者については、現在、調査中

 ○本結果については、淀川水質汚濁防止連絡協議会を通じて、関係機関に連絡済

3 その他

 ○六価クロムの人体への影響で主に想定されるのは慢性毒性であり、今回は、一時的な検出に止まっているので、健康への影響は想定されないとされている。

 

 

 

お問い合わせ

建設交通部水環境対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5470

mizukantai@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?