ここから本文です。

「京都環境フェスティバル2017」に参加しました!

 平成29年12月9日・10日に京都府総合見本市会館(京都パルスプラザ)で開催されました「京都環境フェスティバル2017」に参加しました!

 「京都環境フェスティバル」は、府内の各地域で環境保全活動に取り組むNPOや学校、企業等が出展し、環境について楽しみながら、学び考えることができる参加・体験型イベントとして、平成2年度から開催されています。

 今年度、保健環境研究所では「未来につなげよう!KYOの環境 -外来種問題を考える-」をテーマに、生態系や人体に被害を及ぼす恐れのある外来種問題について展示をおこないました。特定外来生物であるアルゼンチンアリやヒアリの樹脂標本や3D模型、緊急対策外来種に位置づけされているアカミミガメの幼体と成体を中心に展示をおこない、外来生物について「何が問題となっているのか」、「なぜ駆除するのか」、「何ができるのか」を考える場を提供することができました。展示を見ていただいた方から、「ヒアリはこんなに小さいのか」「アカミミガメがこんなに大きくなるとは思わなかった」「近くの川や池にたくさんアカミミガメがいる」「ペットは最後まで責任を持って飼わないといけない」などの意見を多く聞きました。また、地域と連携して対策に当たっているアルゼンチンアリの駆除及びアカミミガメを駆除して淀城お堀のハスを復活させるプロジェクトなど、当研究所の取り組みを来場者の方に知ってもらう機会となりました。

 来年度も出展を予定していますので、ぜひ、お立ち寄りください。

「京都環境フェステバル2017」

 

「京都環境フェスティバル2017」の様子

 1

 

 3

5

6

 7

 

 

 

お問い合わせ

健康福祉部健康福祉総務課 保健環境研究所

京都市伏見区村上町395

ファックス:075-612-3357

hokanken-shomu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?