ホーム > 健康・福祉・人権 > 健康・医療 > 京都府保健環境研究所 > 府民公開講座「身近な衛生動物学」のお知らせ

ここから本文です。

府民公開講座「身近な衛生動物学」のお知らせ

府民公開講座「身近な衛生動物学」

 今秋、京都で開催される日本衛生動物学会西日本支部大会(外部リンク)のシンポジウム等を府民講座として公開いたします。「衛生動物学」とは、生活のまわりに生息する、人に害を与える生物について研究する学問領域です。公開講座では、身近にいるいろいろな衛生動物と人の関係について、各分野の第一線の先生方に講演いただきます。ぜひ、ご参加ください。

日時 2017年10月14日(土曜日) 13時30分~17時00分(13時00分開場)

場所 京都府民総合交流プラザ「京都テルサ」東館3階 大会議室
 京都市南区東九条下殿田町70番地(新町通九条下ル)
 会場ウェブサイト:http://www.kyoto-terrsa.or.jp/

参加費 無料

定員 先着順100名(事前申し込み不要)

プログラム

 獣害と外来種問題

 1. 野生動物被害(獣害)とは何か? 動物生態学の視点からの再考
    岡山理科大学理学部動物学科 中本 敦

 2. ヒアリの特徴
    兵庫県立大学/兵庫県立人と自然の博物館 橋本佳明

 3. ヒアリ刺症への対応について
    兵庫医科大学皮膚科学 夏秋 優

衛生動物学からヒトと生物の関係をみなおす

 *各講演のタイトルはいずれも仮題

1.  ゴキブリの生態、そして、なぜ、嫌われるか 永遠の衛生動物
   環境生物研究会 辻 英明

2.  コウチュウ類 苦情対象種の多様性と防除事例
   奥村防蟲科学(株) 代表取締役 奥村 敏夫

3.  ハチ 被害と生態、人との関わり、外来種問題
   京都産業大学総合生命科学部 准教授 高橋 純一

4.  感染症媒介動物としてのマダニ類
   馬原アカリ医学研究所 所長 藤田 博己

 

保健環境研究所トップページに戻る

お問い合わせ

健康福祉部健康福祉総務課 保健環境研究所

京都市伏見区村上町395

電話番号:075-621-4067

ファックス:075-612-3357

hokanken-shomu@pref.kyoto.lg.jp

環境衛生課 075-621-4162

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?