ここから本文です。

セアカゴケグモについて

最近は、車や工事用資材とともに遠方に運ばれ、思わぬところで見つかったという情報は全国各地でみられるようになりましたので、注意が必要です。しかし、クモは自分から人に対して攻撃的になることはありません。もし見つけられた場合でも正しい情報を知っていれば害を受けることはないでしょう。
 2004年6月に「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」が公布され、セアカゴケグモは特定外来生物に指定されており、生きたままの生息場所からの移動は禁止されています。
 京都府でも、2005年10月に初めてセアカゴケグモの生息が確認されて以降、複数の場所で確認されており、すでに広域に生息していることが推測されます。

セアカゴケグモの基礎知識

  • 少量の毒をもっており、咬まれた瞬間は針で刺されたような刺激を感じます。
  • 子供や高齢者の方は危険な場合もあり注意が必要です。
  • 基本的にはおとなしいため、おどろかすと死んだまねをすることがあります。
  • 見つけても決して素手でさわらないようにしてください。

1 体の特徴

 成体のメスは約7~10mmで全体的に黒色(老熟すると黒褐色)をしています。また、オスは約4~5mmの大きさで腹部が細く、触肢が丸くなっており、茶褐色をしています。特にセアカゴケグモの背中には、中央に赤色の縦すじ模様があり、腹部の裏面には四角あるいは砂時計型の赤色の模様が見られます。また、卵のうは直径10~15mmの乳白色の球形をしています。ちなみに、同様に毒をもっているハイイロゴケグモには背中に灰色等の斑紋模様があります。

セアカゴケグモの体の特徴

セアカゴケグモのメス
セアカゴケグモのメス

セアカゴケグモのオス
セアカゴケグモのオス

 

2 生息場所

 巣をつくり繁殖するには、(1)日当たりがよく暖かい(2)昆虫などの餌がたくさんある(3)巣をつくるのに適当なすきまがあるといった条件を満たす必要があります。

具体的には

  • 花壇まわりのブロックのくぼみや穴
  • 排水溝の側面やふたの裏
  • クーラーなどの室外機や自動販売機との壁のすきま
  • 墓地の墓石の花立てや線香立てなどの石のすきま

などがあげられます。

特に、秋ごろには成熟したメスが枯れ葉や枯れ草等で網を絡めて卵のうといっしょに閉鎖巣をつくり越冬の準備をしているのが確認されています。

3 咬まれた時の症状と処置

 咬まれた直後は軽い痛みを感じる程度ですが、次第に痛みが増し、場合によっては咬まれた場所以外の胸やお腹が痛くなることもあります。重症の場合には、発熱、吐き気などを伴ったり、血圧上昇や頻脈がみられることがあります(熱帯・亜熱帯で症例の多い他のゴケグモと同様な神経毒による症状が見られる)。なお、人によっては症状が全く現れない場合も多々あるとされています。もし万が一咬まれた場合、患部を清潔にし出血がある場合でも包帯などで圧迫しないようにします(毒の広がりをおさえるための止血帯なども逆に痛みを増強させることになるため避ける〔くも毒の広がりは遅いため必要がない〕)。また、痛みがきつい場合には、局部を冷やすと痛みが緩和します(咬まれてから時間が経過している場合には温湿布が効果的)。これらの処置の後速やかに医師の診察を受けてください。

4 駆除方法

 最も簡単なのは、市販の殺虫剤を直接ふきかけることです。しかし、クモに直接噴霧できない場合などは、素手でさわらないよう手袋などをして手作業で除去しアルコール漬けにしたり、バーナー等で巣や卵のうごと焼却するといった方法も有効でしょう。なお、薬剤の使用や焼却を行う場合には、作業者の安全はもちろんのこと周辺の環境への影響なども考え行ってください(側溝に噴霧する場合は魚毒性の高いピレスロイド系の使用を避けたり、花壇の場合は園芸用殺虫剤を使用するようにするなど)。また、駆除終了後には再発生を防ぐためにもブロックなどの穴をふさいだり、日が直接当たらないようにし、発生場所の温度を下げるなどの予防を講じておきましょう。

5 国内の分布状況

 中国南部やオーストラリア、メキシコなど亜熱帯・熱帯に生息する生き物です。しかし、国内においても港湾都市近辺を中心にいろいろなところで確認されています。これは、船などによりやってきたためとされています。それでも本来なら越冬できませんが、冬場でも暖かなところが存在したため生息できたものと考えられています。最近では、いろいろなところで目撃されており、近畿のすべての府県で確認されています。

お問い合わせ先

  • 生活衛生課:075-414-4757
  • 乙訓保健所:075-933-1241
  • 山城北保健所:0774-21-2912
  • 山城南保健所:0774-72-4302
  • 南丹保健所:0771-62-4754
  • 中丹西保健所:0773-22-6382
  • 中丹東保健所:0773-75-1156
  • 丹後保健所:0772-62-1361

府保健所の詳細についてはこちらをご覧ください。

月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時15分(祝日、年末年始は除きます。)

 

くらしの安全・安心についてに戻る

お問い合わせ

健康福祉部健康福祉総務課 保健環境研究所

京都市伏見区村上町395

電話番号:075-621-4067

ファックス:075-612-3357

hokanken-shomu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?