ホーム > 京都の魅力・観光 > 世界遺産(世界文化遺産) 古都京都の文化財 > 世界遺産(世界文化遺産) 慈照寺(銀閣寺)

ここから本文です。

世界遺産(世界文化遺産) 慈照寺(銀閣寺)

写真:向月台 写真:銀沙灘

名称

慈照寺(じしょうじ):銀閣寺(ぎんかくじ)

所在地・アクセス

郵便番号:606-8402
京都市左京区銀閣寺町(市バス「銀閣寺前」下車徒歩5分 又は 市バス「銀閣寺道」下車徒歩10分)
地図

さらに詳しい地図情報を見る(府・市町村共同統合型地理情報システム)(外部リンク)

成り立ち

東山文化の代表として知られる銀閣寺の正式名称は、慈照寺。足利義政が文明14年(1482年)に開いた山荘である。義政はここを拠点に様々な文化を育んだ。

見所

銀閣(国宝)は、観音殿として質素高貴な意匠であり、東求堂は日本最古の書院造りで、住宅建築遺構として国宝に指定されている。 庭園(特別史跡・特別名勝)は、白砂を段形に盛り上げた銀沙灘(中国の西湖の型)や、向月台が、月の光を反射して銀閣を照らすという。

お問い合わせ先

電話:075-771-5725
慈照寺(銀閣寺)ホームページ(外部リンク)

お問い合わせ

観光等のお問い合わせは、それぞれの寺社等へお願いいたします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?