ここから本文です。

世界遺産(世界文化遺産) 清水寺

写真:清水寺遠景 写真:清水寺仁王門(赤門)

名称

清水寺(きよみずでら)

所在地・アクセス

郵便番号:605-0862
京都市東山区清水(きよみず)(市バス「清水寺」「五条坂」下車徒歩15分)
地図

さらに詳しい地図情報を見る(府・市町村共同統合型地理情報システム)(外部リンク)

成り立ち

奈良末期778年に僧延鎮が開山し、平安建都間もない延暦17年(798年)坂上田村麻呂が仏殿を建立したと伝える。
現在の建物の多くは、寛永8年から10年(1631年から1633年)、徳川家光の寄進によって再建されたもの。

見所

清水の観音として平安時代以来多くの人々が参拝。
参道を上りつめると、東山の音羽山を背に仁王門、西門、三重塔(いずれも重要文化財)が迎えてくれる。
春の桜と新緑、秋の紅葉と四季折々の美しさを背景にした懸崖造りの本堂(国宝)は、断崖の上にせりだし、市街地の眺望も最高。あわせて15の堂塔(いずれも重要文化財)が建ちならぶ。

お問い合わせ先

電話:075-551-1234
清水寺ホームページ(外部リンク)

お問い合わせ

観光等のお問い合わせは、それぞれの寺社等へお願いいたします。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?