ホーム > 平成27年度第2回輝く女性応援京都会議企画委員会

ここから本文です。

平成27年度第2回輝く女性応援京都会議企画委員会

 

日時

平成27年10月26日(月曜日)13時30分から15時30分まで

場所

ホテル日航プリンセス京都「フリージア」

出席者

輝く女性応援京都会議構成団体

次第

議題1 「輝く女性応援京都会議」推進計画(仮称)案について

議題2 年間スケジュール(案)について

議事概要

議題1 「輝く女性応援京都会議」推進計画(仮称)(案)について

事務局から、平成28年9月4日に施行された「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」(女性活躍推進法)の概要及び「輝く女性応援京都会議」推進計画(仮称)(案)を説明し、各構成団体から意見を伺った。

なお、輝く女性応援京都会議及び策定する推進計画に関し、下記の①~③について反対意見なく了承された。

①女性活躍推進法附則第4条に基づき、法施行後3年で見直しが検討されることに鑑み、計画開始後 3年で見直しを検討する。
②女性活躍推進法第6条第1項及び第2項に基づく京都府及び京都市の「推進計画」として位置付ける。
③輝く女性応援京都会議を女性活躍推進法第23条に基づく「協議会」として位置付ける。

(主な意見)
・推進計画に位置づける数値目標については、政府の成長戦略や第4次男女共同参画計画の目標とのバランスを考えて設定すべき。
・会員企業の中には、労働者300人以下の企業が多い。そうした企業において、女性活躍推進法に基づく事業主行動計画の策定は努力義務だが、(女性の活躍推進を企業の成長戦略として捉え、)計画を策定していく必要がある。計画策定の支援をお願いしたい。
・大企業においては、組合の組織率が高く、ワーク・ライフ・バランスの取組や法律を上回る休暇制度の実施、女性管理職の登用等についても大企業は進んでいる。これらをどのように中小企業に波及していくかが課題。
・京都の女性起業家の数は、男性に比べて少ないので、数値目標に入れてもよいのではないか。
・女性活躍推進法に基づく事業主行動計画は、作り手の自由度が高いので、企業には、チャレンジングな目標を立てていただきたい。企業による女性活躍状況の公表は、求職者、男性、株主も注目している。逆に開示していない企業にも注目が集まるので、意欲的に採用したいと思っている企業は、積極的に情報を開示した方がよい。

議題2 年間スケジュール(案)について

輝く応援京都会議の年間スケジュール(案)について事務局から提案し、各構成団体から意見を伺った。

 

お問い合わせ

府民環境部男女共同参画課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4293

danjokyodo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?