ホーム > 産業・しごと > 土木建築・基盤整備 > 京都府公共事業評価システム

ここから本文です。

京都府公共事業評価システム

はじめに

京都府が実施する公共事業の効率性及び実施過程の透明性の向上を図るため、長期間を要している事業については、「再評価」、新規事業については「事前評価」を実施し、完了事業については「事後評価」を試行し、一連の過程で効率性・透明性を高める公共事業評価システムを確立することとしています。

新着情報

現在、新着情報はありません。

京都府公共事業評価に係る第三者委員会

公共事業の評価に当たっては、「京都府公共事業評価に係る第三者委員会」で意見聴取を行うこととしています。

なお、平成24年12月13日より、委員会の名称を変更しています。(旧名称「京都府公共事業評価審査委員会」)

京都府公共事業評価に係る第三者委員会

評価の種類

1.事前評価

対象事業:新たに事業費を予算化しようとする全体事業費10億円以上の事業等

2.再評価

対象事業:長期間を経過した事業のうち、維持管理に係る事業を除く事業

3.事後評価(試行)

対象事業:完了した事業等

委員会の概要(過去5年度分)

25年度 26年度 27年度 28年度 29年度 30年度

過去委員会の議事録

平成14年度以降の議事録です。

意見募集について

京都府公共事業評価に係る第三者委員会では、予定案件に対する府民の皆様のご意見を募集しています。

お問い合わせ

建設交通部指導検査課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5183

shido@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?