ここから本文です。

海岸事業の概要

基本方針

 丹後沿岸は、冬季風浪などによる侵食が顕著な海岸で、これらの対策が重要な課題となっています。
 また、丹後沿岸は、白砂青松等の優れた自然景観を有しており、丹後沿岸海岸保全基本計画に基づき、地域の特性に応じた海岸環境の保全・整備及び適正な利用にも配慮した海岸事業を推進し、「防護」・「環境」・「利用」の調和のとれた総合的な海岸管理を目指します。

  

 

主要事業の概要

 一般海岸(河川局所管)

(侵食対策)久美浜海岸・後ヶ浜海岸

 近年汀線の後退が著しく、冬季波浪による大規模な侵食が発生しており、砂浜の回復と背後地の防護を図り、安全で美しい景観の海岸を保全するため、人工リーフの整備を実施しています。

  後ヶ浜海岸


  久美浜海岸 

  人工リーフ:沖合の水面下に石やブロックを投入して造られる構造物で、その上を波を通過させることにより波の力を弱めて、海岸の砂が持ち去られて海浜が減少することを防ぎます。水面下に隠れているため景観、海域の利用に影響を与えることが少なく、魚礁効果も期待されています。

  

お問い合わせ

建設交通部河川課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-432-6312

kasen@pref.kyoto.lg.jp