ホーム > 健康・福祉・人権 > 福祉・高齢者・障害者 > 介護支援専門員(研修・試験・更新手続等) > 令和元年度(第22回)介護支援専門員実務研修における途中辞退の対応について

ここから本文です。

令和元年度(第22回)介護支援専門員実務研修における途中辞退の対応について

 

標記研修を受講中の方について、今般の新型コロナウィルス感染症への対応として、令和2年3月10日以降に実施予定のカリキュラム(2前期演習、3実習、4後期講義、5後期演習)について、新型コロナウィルス対応を理由として(自身の体調不良や、感染への不安など)参加を辞退した場合、翌年度の実務研修を受講可能とします。

なお、その場合、新たな受講料負担は求めないこととします。

注※翌年度受講いただくカリキュラムは、辞退された時期に応じて個別に指示します。

注※実務研修の全カリキュラムの受講を終えるまで、介護支援専門員の登録はできません。

京都府高齢者支援課

京都府社会福祉協議会

お問い合わせ

健康福祉部高齢者支援課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4572

koreishien@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?