ホーム > 健康・福祉・人権 > 福祉・高齢者・障害者 > 介護支援専門員(研修・試験・更新手続等) > 京都府介護支援専門員実務研修実習受入協力事業所登録等申請について

ここから本文です。

京都府介護支援専門員実務研修実習受入協力事業所登録等申請について

京都府で例年実施している介護支援専門員実務研修について、平成28年度からカリキュラムが大幅に変更となり、実務研修受講生が実際に居宅を訪問し、アセスメントの実施や居宅サービス計画の作成等を行う、居宅介護支援事業所での「実習」が追加されました。

そのため、下記の要件を満たし、「実習」にご協力いただける事業所は、下記により実習受入協力事業所の登録申請を行ってください。

なお、居宅介護支援事業所の特定事業所加算の取得要件として、「実習」に協力又は協力体制を確保していることが必要となっているため、特定事業所加算を取得される事業所は下記により登録申請を行ってください。

介護支援専門員実務研修の実習について

(1)実習内容

利用者への居宅訪問を行い、アセスメントの実施、居宅サービス計画の作成、サービス担当者会議の準備・同席、モニタリングの実施、給付管理業務など、一連のケアマネジメントプロセスの実習を行っていただきます。

(2)実習期間

実習の期間は、毎年、概ね3月から5月頃で、実習時間は、この期間内で3日間相当(18時間以上25時間程度)です。

(3)実習生の数

1名程度(年により変動します)。

(4)実習指導者

実習の指導者は、主任介護支援専門員です。

 

実習受入協力事業所の登録申請

(1)登録要件

特定事業所加算の取得を予定しており、主任介護支援専門員を配置している居宅介護支援事業所

(2)申請手続き

下記の登録申請書に必要事項を記入いただき、指導者の主任介護支援専門員研修修了証の写し又は主任介護支援専門員更新研修修了証の写しを添付のうえ、京都府高齢者支援課(下記の郵送先をご覧ください)までご提出ください。

 

実習受入協力事業所の登録変更申請

実習受入協力事業所の登録を行った後に、登録事項(住所、連絡先、指導者等)に変更が生じた場合は、下記の登録変更申請書に必要事項を記入いただき、京都府高齢者支援課(下記の郵送先をご覧ください)までご提出ください。

なお、指導者を追加する場合は、主任介護支援専門員研修修了証の写し又は主任介護支援専門員更新研修修了証の写しを添付のうえご提出ください。

 

実習受入協力事業所の登録取下申請

実習受入協力事業所の登録を行った後に、「実習」の受入協力体制が確保できなくなった場合は、下記の登録取下申請書に必要事項を記入いただき、京都府高齢者支援課(下記の郵送先をご覧ください)までご提出ください。

 

各種申請書郵送先

(宛先)〒602-8570(住所記入不要)

京都府健康福祉部高齢者支援課 介護計画・企画担当

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部高齢者支援課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4572

koreishien@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?