ここから本文です。

丹後の海の生き物(ソデイカ)

  ソデイカは暖かい海域に生息する大型のイカで胴長は80センチ、体重20キロにも達します。体の表面は鮮やかな赤色をしており、京都府では、タルイカまたはアカイカと呼ばれています。
  日本海へは水温の高くなる7、8月頃に胴長10~20センチの大きさで入ってきて、水温が低下する晩秋には南の海に帰っていきます。
  私たちが調査に出かけた時、ソデイカが海面近くを2尾並んで泳いでいるのを観察したことがあります。ほかのイカのように群れで集団はつくらず、ペアで行動していると考えられています。ただし、このペアは必ずしも雌雄ではないようです。
  日本海において、ソデイカの行動が調査されているので、このあたりも明らかにされる日も近いでしょう。

 
京都府立海洋センター 海洋調査部長 角田孝一(現、水産事務所総括水産業普及指導員)
(平成17年11月16日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?