ここから本文です。

丹後の海の生き物(イタヤガイ)

イタヤガイ

  イタヤガイは「何の因果で、貝がらこぎなろうた」と鳥取の民謡「貝殻節」でも唄われた砂底に棲む二枚貝です。ホタテガイの近縁種なので、似た形をしていますが、ホタテガイは北海道などの冷たい海に、イタヤガイは山陰地方などの温暖な海に棲んでいます。
  丹後では最近はあまり採れないので、市場では見かけません。貝柱が大きく美味しいので、地元の特産品にしようと、昭和50年代には丹後の海で養殖の試みが行われました。しかし、ホタテガイが安価で出回るようになったことや、養殖種苗が思うように手に入らなかったことなどから、残念ながら試験は続きませんでした。
  今でも宮津湾のトリガイ漁の網に混じって入ることがあります。機会があれば一度味わってみたいものです。

京都府立海洋センター 海洋生物部長 西廣富夫(現、京都府水産事務所長)
 (平成18年1月4日、京都新聞掲載) 

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?