ここから本文です。

丹後の海の生き物(ブンブクチャガマ)

ブンブクチャガマ

  何と愉快な名前でしょう。狸が茶釜に化ける有名な昔話を思い出します。棘だらけの姿からもお分かりのとおり、ウニの仲間で、岩場のウニとは対照的に幅広い水深帯の砂泥底に住んでいます。
  ブンブクやウニは、ナマコやヒトデと同じ棘皮動物の仲間。これらの体は五角形を基本にデザインされ、「五放射状体制」と呼ばれます。五本足のヒトデは大変分かりやすい例ですが、ウニやブンブクの場合も、死に殻となり棘が抜け落ちると、明瞭な五放射状のマークが現れます。
  食用でないため、底びき網の漁師さんにとっては邪魔者で。私達にも馴染薄。しかし、このような生き物も、多様な生命を育む海の魅力を我々に伝える貴重な存在。ブンブクの殻も見れば中々の造形美で、素敵なオブジェに見えなくもありません。

京都府立海洋センター 主任 今西裕一
 (平成18年1月11日、京都新聞掲載) 

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

電話番号:0772-25-0129

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?