ここから本文です。

丹後の海の生き物(アラメ)

アラメ

  コンブの仲間の多年生海藻です。一年目は茎の先に笹のような葉を付けた形をしています。その葉の基部両縁から側葉と呼ばれる葉が次々と伸びるにつれて、1年目の葉は枯れて短くなり、ついには、茎の先端で二股に分かれたような形になります。二股かどうかを見れば、よく似たクロメとも区別できます。
  京都市内では、お盆の頃にアラメを煮て食べる風習がありますが、その多くは伊勢地方で採られたものです。細かく刻み、乾燥させた状態でスーパーなどでも販売されています。少年時代、故郷の丹波地方でもお盆の頃になると、真っ黒なアラメの煮物が食卓に並んだことを思い出します。コンブより柔らかくておいしかったですが、恥ずかしながら、当時は海藻とは知らずに食べていました。

京都府立海洋センター 技師 西垣友和
 (平成18年1月25日、京都新聞掲載) 

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?