ここから本文です。

丹後の海の生き物(ノロゲンゲ)

ノロゲンゲ

  ノロゲンゲって知っていますか?その姿は細長く、白色で、表面はゼラチン質でヌルッとしていて、どことなく深海魚のイメージがします。最近、スーパーでも、ドギ、グラ、ブルという名前で見かけるようになりました。
 水深200メートルよりも深い、泥深い海底に生息し、海底近くを細長い体をくねらせながら、ノロノロと泳ぎます。ビデオカメラなどが近づいても、逃げようともしないうノンビリ屋です。
  丹後ではズワイガニと一緒に底曳網で漁獲されます。冬の寒いとき、この汁を口にすると一気に体が温まります。一般にはあまり知られていないこの魚、漁村では冬の味覚として昔から重宝されています。

 
京都府立海洋センター  主任 宮嶋 俊明
(平成18年1月18日、京都新聞掲載) 

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?