ここから本文です。

丹後の海の生き物(オニオコゼ)

オニオコゼ

  オニオコゼは京都府沿岸の泥場や岩礁に住む全長25センチ前後になる魚で、棲む環境により体の色が違い、泥場に棲むものは茶褐色、岩場に棲むものは赤や赤褐色をしています。鱗はなく、皮が厚くなっています。泳ぎは不得意で、胸鰭で海底を歩くようにして動きます。この魚の背ビレには毒のトゲがあり、刺されると全身に激痛が走り、体が痺れます。靴底を突き抜けたトゲに刺された人もあり、不用意に触ることは禁物です。その顔、姿からいかつい魚の代表といわれています。
  しかし、食味が淡白で上品なことから、刺身、唐揚げ、汁物等に利用される高級食材です。このようにオニオコゼの需要は多く、養殖技術の開発が求められていますが、成長が遅くなかなか大きくならないために、まだ実用化出来るまでには至っていません。

 
京都府立海洋センター 専門員 飯塚 覚(現、京都府水産事務所)
 (平成18年2月1日、京都新聞掲載) 

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?