ここから本文です。

丹後の海の生き物(ヤリイカ)

ヤリイカ

  ヤリイカの姿は、スルメイカやケンサキイカ(しろいか)に似ていますが、それらと比べると、外套膜(胴)が槍のように細長く、腕(下足(げそ))は短いのが特徴です。    
  京都府沿岸では「冬いか」と呼ばれ、主に1、2月に定置網で漁獲されます。秋には水深100~200メートルの海底付近に生息しており、沿岸の水温が15度以下に下がると、産卵のために接岸してくると考えられています。卵は数十個一緒に指状の寒天質の鞘に入れられ、海底や海藻、沈木の枝などに産み付けられます。
  雌は煮付けや湯通しなどで、雌より大きい雄は主に刺身で食されます。特に雌は卵の食感が好まれ、「子持ちいか」として珍重されています。でも、日本海のヤリイカ資源は近年減少傾向にあるので、心して味わいたいものです。

京都府立海洋センター主任研究員 竹野功璽
(平成18年2月15日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?