ここから本文です。

丹後の海の生き物(アオハタ)

アオハタ

  丹後では「スイネズ」や「キイネズ」と呼ばれ、延縄のアカアマダイ釣で混獲されています。キジハタやマハタなどと比較し、価格が安いことからハタ類の中ではやや低い評価を受けています。しかし、ハタ類中では最も多く漁獲され、活魚で出荷されています。
  ハタ類は礁付近に生息しますが、アオハタは泥場にも生息し、エビ類や小魚を食べています。全身はやや黄色みを帯び、薄い焦げ茶色の横縞の体色をしています。幼魚時代は横縞模様が濃いために、マハタと間違えやすいようです。体長40 cmくらいに成長します。
  肉質が他のハタ類よりもやや水っぽいといわれていますが、刺身や鍋物などに利用されています。 

 京都府農林水産技術センター海洋センター 主任研究員 濵中雄一

(現 丹後広域振興局 農林商工部 地域づくり推進室)

丹後の海の生き物一覧

 

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?