ここから本文です。

アユの新細菌感染症について

平成20年2月15日(金曜日)に、農林水産省消費・安全局 畜水産安全管理課 水産安全室より、アユの新細菌感染症に関する発表がありました。

発表の概要
  本感染症は平成19年8~10月に国内の数河川で発生した。発生水温は20~26度であった。
  典型的な外観症状は見られないが、肛門周辺、体表、ひれの根元に発赤が出たり、腹 部が腫れたり、眼球が突出することがある。
  病魚から分離した「エドワジエラ・イクタルリ」という菌は、もともとアメリカナマ ズの腸敗血症の原因菌である。
  アユのほか、ニジマス(海外の生け簀養殖の1例だけ)やナマズ類での自然発病例が ある。
  この病原菌は37度では増殖しないことから、ヒトへの影響はない。

詳細は農林水産省ホームページ(プレスリリース(外部リンク))をご覧ください。

京都府の現状
  京都府の河川においては、これまで平成22年8月にギギで、同年9月にナマズで、平成24年8月にアユで、それぞれ発生が報告されています。

当所の対応
 今後、京都府水産課、国(農林水産省、水産庁)及び関係都府県と連携して、本疾病 のまん延防止の観点から、保菌検査の実施や漁協等への指導等を行っていくこととし ています。

府民の皆様へ
 今まで日本で発生したことがない魚病ですので、アユなどでの発生に注意する必要があ ります。

 今後、アユやニジマスなどの魚で異常がありましたら、京都府水産課(075-414-499 6)又は当所(0772-25-3082)へご連絡ください。また、異常なアユやナマズなどは 河川に捨てないでください。

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

電話番号:0772-25-0129

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?