ここから本文です。

丹後の海の生き物(ガンコ)

ガンコ


  ガンコは全長30センチ位で体の半分は頭です。大きな頭に鈍い棘がありゴツゴツし、口が大きく、体はヌメリ、グロテスクで厳つく,まさに「頑固」です。体の色・形や無数の口ヒゲ、イカや魚を食べる食性などがアンコウに似ていますが、アンコウより深い、水深数百メートルの海底に棲んでいます。分布は千葉県銚子・島根県以北~アラスカ湾で、冷水性の魚です。
  丹後では、底びき網に時折入網し水揚げもされますが市場で雑魚扱いされ流通していません。ところがアンコウより甘味があり、肝も大きく、美味しい魚です。新潟の上越,福島の相馬など利用する地域も多いようです。例えば鳥取の網代ではオトクさんと呼ばれ、吸物、鍋、煮付けで密かな人気物となっています。塩もみしてヌメリをとったら一流食材です。

京都府立海洋センター技師 藤原邦浩
 (平成20年6月4日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?