ここから本文です。

丹後の海の生き物(ゴンズイ)

ゴンズイ

 

  岩陰に何やらもぞもぞと動く黒い塊が見えます。近づいてみると体長5cmほどのゴンズイの群でした。この魚は、幼魚の時だけ群で行動する習性があります。体からフェロモンという物質を発散させ、その臭いで仲間同士を認識して、群から離れないようにしています。帯状になって泳いだり、押しくら饅頭をしているかのように丸くなったりします。この球状になった状態をゴンズイ玉と言います。
  ゴンズイはナマズの仲間で、口元にヒゲを生やし、体型もナマズによく似ています。幼魚では茶褐色の体に、頭から尾にかけて鮮明な黄色の線が左右に2本ずつ入っていますが、体長30cmほどの成魚になるとその縞模様も薄れてきます。
  見た目は可愛く、群でいるときには近づいてもあまり逃げようとしないため、思わず捕まえたくなりますが、この魚には毒があるため、触ると大変危険です。背鰭と胸鰭に毒を持つ棘があり、刺されると猛烈な痛みに襲われます。夜行性のため、夜釣りの外道として釣れることもあります。釣り上げた際には十分ご注意を。

京都府立海洋センター技師 白藤徳夫
 (平成20年2月27日、京都新聞掲載)

 

 

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?