ここから本文です。

丹後の海の生き物(ハタハタ)

ハタハタ

 

  丹後のハタハタ漁は早春から春にかけてが盛期で、底曳網により行われています。今春は豊漁となっており、3月の水揚量は1ヶ月で188トンを記録し、漁獲資料が整理された平成2年以降の最高値となりました。
  水揚げの主体は体長14センチ前後の2歳で、この頃になると雌雄で成長差がみられ、雌が雄に比べ1センチ程度大きくなります。これらは18年産れで、産れた量が例年に比べると多く、稚魚の時期の生残りも良かったことが豊漁の要因と考えられます。逆に魚体の大きさは、例年に比べやや小さいのが特徴です。
  丹後の底曳網では、網の目を大きくして体長10センチ前後の1歳や2歳でも小型のものを網目から逃がし保護しています。来春にはもうひと回り大きい3歳の水揚げを期待したいものです。 

京都府立海洋センター主任研究員 山﨑 淳
(平成20年5月21日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?