ここから本文です。

丹後の海の生き物(ハツメ)

ハツメ

  ハツメは水深100~300メートルに生息するメバルの仲間です。特に日本海で多く漁獲されます。丹後では底曳網で漁獲され、「アカラ」という名で呼ばれています。塩焼きや煮付けにすると美味しい魚です。
  ハツメを見ると、体の色が赤っぽい個体と、黄色っぽい個体のいることわかります。何故このような色の違いがあるのか、これまでは謎でした。しかし、最近の私たちの研究により、色の違いは性別の違いであることが分かりました。体長12センチメートルまではオス・メス共に赤色ですが、オスではその後、黄色の個体の割合が増え、体長17センチメートル以上では全てのオスが黄色になります。また、オスはメスよりも眼が大きいことも分かりました。

京都府立海洋センター主任 宮嶋 俊明


(平成19年1月10日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?