ここから本文です。

丹後の海の生き物(ヒラマサ)

ヒラマサ

  ヒラマサは平鰤と書くように、やや平べったいブリといったところですが、両者は大変よく似ています。体型や黄色の縦縞での識別は慣れないと難しいですが、ヒラマサは上がく骨(上唇)の上端角が丸く、胸びれより腹びれの方が長いことでブリと区別できます。
  ヒラマサは引きが強いことで釣りの人気者です。ブリより暖かい海を好み、成長も速く大型のものは全長1.5メートルに達しますが、丹後 の海では大きいものでも70~80センチ。普通に獲れるのは2~3キロで、脂の多いブリより淡泊でおいしいです。旬は夏で旬が冬のブリと比べて身が固く、刺身ものの少ない夏場に重宝されます。丹後の海ではヒラマサは主に定置網で漁獲されますが、年による好不漁の差が大きく、漁模様が気になる魚です。


京都府立海洋センター主任研究員 傍島直樹
(京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?