ここから本文です。

丹後の海の生き物(ヒラムシ)

 

  扁形動物ヒラムシ目動物の総称で、名前が示すように平たく薄っぺらい生物です。体表は粘液で覆われ、べとっとしています。普段は海底の石や貝の隙間などを這い回って生活していますが、必要に迫られれば、体をくねらせながら踊るように上手に泳ぎます。繊細な見た目とは異なり、ほとんどが肉食性で生きた貝の殻の隙間から侵入して肉を食べます。食欲が旺盛で繁殖力も強いためか、特にカキ養殖場で甚大な被害をもたらすことがあります。
  海洋センターではイワガキの人工採苗を行っていますが、海面育成施設でのイワガキ稚貝の中間育成中に、ヒラムシによるイワガキ稚貝の食害に悩まされることが多々ありました。ヒラムシによる食害を防ぐために、淡水に漬ける「淡水浴」による駆除を行っていますが、たくさんの採苗器を処理するには多くの人手や労力を要するため、生産現場では嫌われものです。


(平成23年9月28日  尾﨑 仁)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?