ここから本文です。

丹後の海の生き物(イバラモエビ)

イバラモエビ

  モエビ科の仲間で、全体に殻は硬く、頭胸甲の上部に鋭い棘が4本、腹部外側にも鋭い棘を持つことからこの名がつきました。体長は15センチ程度になり、この仲間では大型の部類に属します。棘のイメージが強いことから、丹後では鬼エビと呼ばれます。ちなみに英語では「棘だらけ」という意味のspinyが使われています。
  日本海からオホーツク海、ベーリング海から北極海にまで広く分布します。日本海では水深200~300メートルの海底に生息し、底曳網でズワイガニなどと一緒に水揚げされますが、量的には少なく珍重されています。海底ではモエビの特徴でもある尾を頭よりも高く上げ「しゃちほこ」のような姿勢をとることもあります。見た目は良くありませんが、刺身、塩焼きにすると大変美味しいエビです。

京都府立海洋センター主任研究員 山﨑 淳
(平成20年4月16日、京都新聞掲載) 

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?