ここから本文です。

丹後の海の生き物(イカナゴ)

イカナゴ

  北海道から九州にかけて広く生息している魚で、体型は細長く、顔も下顎が突き出たシャープな形をしています。地方によっては小さなものをコウナゴ、大きくなったものをオオナゴやカマスゴと呼びます。
丹後の海では、定置網で少量が混獲される程度ですが、瀬戸内海や伊勢湾では重要な漁業資源となっており、稚魚を中心に船曳き網で漁獲しています。近年は漁獲量が減少しており、厳しい資源管理のもと、漁業が行われています。
  この魚は、夏休みを取る、なんとも不思議な習性をもっており、水温が18~19度以上になると、砂に潜って動かなくなります。この習性を冬眠ならぬ夏眠といいます。夏眠している間は餌を食べずに体に蓄えた脂肪を使って生き延び、秋になり水温が低下すると再び活動を開始します。
  ちりめんじゃこや佃煮にしたクギ煮が有名なように、イカナゴは小さいものほど価値があります。大きくなったものも空揚げや天ぷらでいただけますが、食用よりも養殖魚の餌として利用されることが多いようです。

京都府立海洋センター技師 白藤徳夫
(平成19年8月8日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?