ここから本文です。

丹後の海の生き物(イトヨリダイ)

 イトヨリダイ

  イトヨリダイはピンク色の体色で、頭の後方から尾鰭にかけて7、8本の黄色い線があり、またしっぽの上側の先が糸状に長く延びている、大変美しい魚です。
  名前の由来は泳いでいる時、「黄色い線がきらめくように見え金糸を撚るようだから」、「長く伸びたしっぽの先が、糸のように旋回するように見えるから」と言われており、漢字では「糸撚魚」とか「糸縒魚」等と表されます。
  この魚、100メートル前後までの砂泥底に棲み、ヨコエビ等の小型の甲殻類を食べています。丹後では、主に延縄や小型底曳網で漁獲され、アカアマダイやキダイと混じって出荷されていますが、その量は多くありません。やや水分が多いのですが、淡泊な白身で、煮付けて美味しい魚です。

京都府立海洋センター主任研究員 濵中雄一
(京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?