ここから本文です。

丹後の海の生き物(イワノリ)

イワノリ

  丹後の山々が雪で白く覆われ、空気がピンと張りつめるくらい寒くなると、イワノリ摘みの季節です。北西の季節風によるしけの合間の穏やかな日に、漁村の女性たちが総出でノリ摘みをします。
  イワノリは、細長いササの葉状の海藻で、岩についているのをアワビの殻などでこそぎ落として集めます。その後、冷たい海水の中でごみを取って何度もさらし、細かく刻んだものを紙すきの要領で板状に仕上げます。
  こうして作られたイワノリはとても香りと歯触りがよく、一度味わうと他のノリが食べられなくなるほどです。
  漁村の主婦たちはふるさとの香りを届けようと、都会で働く子供たちにイワノリを送ります。磯の香りでいっぱいの母からの贈り物です。

京都府立海洋センター主任 井谷匡志(現在、京都府水産事務所)
 (平成16年12月8日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?