ここから本文です。

丹後の海の生き物(カナガシラ)

カナガシラ

  頭が大きく、形が金槌に似ていることが名前の由来です。上顎の先端部が突出し、大きな胸鰭の下部に当たる3本の鰭条が脚のように見えるのが特徴です。この左右6本の「脚」で砂泥の中に潜む餌生物を探しますが、その姿はまるで海底を歩いているかのようです。姿はホウボウに似ていますが、胸鰭に鮮やかな模様がなく、鱗が大きく体がざらざらしていることから容易に区別ができます。
  丹後の海では水深150メートル付近の海底に棲んでおり、底曳網で獲られています。平安丸の調査では、同じように網を曳いても、夜には獲れますが、昼にはほとんど獲れません。夜は海底でじっとしていますが、昼には海底から離れて泳ぎ回る姿が観察されており、このような昼夜の行動の違いが影響しているようです。

京都府立海洋センター主任研究員 山﨑 淳
 
(平成18年12月20日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?