ここから本文です。

丹後の海の生き物(カンパチ)

カンパチ


  ブリの仲間ですが、ブリに比べると平たく、琥珀色の体をしています。前から見ると頭に漢字の「八」のような模様があるため「間八」になったと言われています。丹後の漁業者は「大力(だいりき)」と呼びます。これは、釣りで漁獲する時に強烈な引きをみせるためです。 春に東シナ海で産まれ、夏の終わりから秋にかけて日本海に現れて、冬になる頃には南の海に帰ると考えられています。 日本近海のブリ類の中では最も大きくなる魚です。全長182cm、体重61kgの釣りによる記録があります。ただし、丹後の海で漁獲されるのは体重1kg程度までの当歳魚です。
   天然物では、身質はブリよりも硬く、日持ちがすると言われています。最近では、丹後の海を含む日本各地で養殖も盛んです。

京都府立海洋センター主任 久田哲二
 (平成21年1月23日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?