ここから本文です。

丹後の海の生き物(カタクチイワシ2)

カタクチイワシ

  孵化してからわずか数ヶ月で親になり産卵します。餌のプランクトンが豊富にあれば、数日間隔で何度も産卵するので、「ネズミ算的に」とも言える増殖能力を備えています。体の成長の代わりに、エネルギーを生殖に使うことで、種族を繁栄・維持させる戦略です。肥満や少子化に悩む、現代の日本人とは逆であると言えます。
  1990年頃を境に、日本周辺の海は温暖化の時代を迎えました。マイワシに替わって、カタクチイワシの増加に適した環境になりました。ブリやサワラも温暖化に適応した種で、近年漁獲量が増加しています。カタクチイワシはこれらの魚の重要な餌になっています。
 おせち料理には、主役級であるブリの照り焼きのほか、数の子、黒豆、田作りが欠かせません。田作りは素干しした小型のカタクチイワシを調理したものです。昔は、細かく砕いたものを稲作の肥料にしていました。効果は抜群で、収穫量が一段と増したそうです。新しい年の豊作、大漁を願って、尾頭付きの田作りを頂きましょう。

京都府立海洋センター主任研究員 和田洋藏
 (平成19年12月26日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?