ここから本文です。

丹後の海の生き物(カタクチイワシ)

カタクチイワシ

  丹後海で「イワシ」と言えば昔はマイワシ、今ではカタクチイワシでしょう。何故なら、最盛期には8万トン以上漁獲されたマイワシは、現在では殆ど獲れなくなりましたが、カタクチイワシは毎年2~3千トンが水揚げされているからで、その多くが煮干しや飼料等の加工原料に利用されています。
カタクチイワシの寿命は1~2歳ですが、その数量が多くなると2~3歳になります。仲間が増えると産卵量を減らし、エネルギーを体の成長に使います。体が大きくなり、産卵による消耗も抑えられて、寿命が延びるという訳です。さらに、春から秋の長期間にわたり、変化する環境に合わせて数回産卵します。他の魚達の餌になる弱々しい魚ですが、巧みな繁殖戦略により、安定した資源量を保っているのです。

京都府立海洋センター主任 戸嶋孝(現、京都府水産事務所)
(京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?