ここから本文です。

丹後の海の生き物(キビナゴ)

キビナゴ

  イワシの仲間で、体に銀色の縦帯を持つ体長10センチほどの小型魚です。孵化後わずか3ヶ月から半年で体長6センチほどになり、成熟して産卵します。寿命は1年と短命です。
  熱帯海域に多く生息していますが、丹後の海でも夏に群で泳ぐ姿を見かけます。一見、カタクチイワシの群と間違えますが、顔がとがっているためよく見ると判別できます。
  京都では定置網でわずかに獲られる程度なので、店頭に並ぶことはほとんどありません。そのためか、あまりなじみがなく、名前が似ているイカナゴとよく混同されることがあります。
  高知県や鹿児島県では郷土料理としてよく使われます。イワシ類特有の臭みもなく淡泊な味です。酢味噌でたべる刺身が有名ですが、天ぷらやフライなどどんな調理法でもおいしくいただけます。

京都府立海洋センター技師 白藤徳夫
(京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?