ここから本文です。

丹後の海の生き物(キダイ)

キダイ

  図鑑などで魚を調べていると「タイ」とつく名前の魚が多いことに気付かれると思います。キンメダイ、コショウダイ、イシダイなど「タイ」と付く名で呼ばれる多くの種類は、実は、「タイ」の仲間ではありません。魚の王様「マダイ」にあやかり、このように呼ばれているようです。
  チダイ、クロダイなどとともにキダイは、れっきとしたマダイの仲間です。丹後では、「れんこだい」とも呼ばれています。体は黄赤色、背中に黄色班があるのが特長です。新鮮なものほど頭が黄色をしています。
  本州中南部から東シナ海に分布しており、丹後の海は北限に近いところです。大きな移動をせず、水深100メートル前後までの砂泥質の海底に生息しています。
  キダイは、小ぶりながらも祝儀物として祝膳の姿焼きで用いられるほか、きれいな色をいかし、折り詰めなどの尾頭付きには格好の素材になります。

京都府立海洋センター海洋調査部長 角田孝一(現、京都府水産事務所)
(平成18年9月20日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?