ここから本文です。

丹後の海の生き物(コノシロ)

コノシロ

  内湾の漁港や河口域に棲む身近な魚です。コノシロはニシン科の魚で、プランクトンや珪藻土を餌にしています。約1年で15センチほどに成長し、成熟します。3年で体長25~30センチほどになります。
  産卵期は春。日没後に河口域でマイワシの卵と形のよく似た浮遊卵(海中を漂う卵)を生みます。京都では年間40~60トンの漁獲があり、主に定置網と刺し網で獲られています。防波堤からのサビキ釣りで釣れることもありますが、大きさの割に引きは強くありません。
  コノシロと言えば、幼魚を使った関東のシンコ寿司やコハダ寿司が有名ですが、京都には、成魚を使った久美浜のコノシロ寿司があります。こちらは、にぎり寿司ではなく、寿司飯の代わりにおからを使った姿寿司です。秋から冬にかけて、ほどよく脂の乗ったコノシロを使います。
  家庭で料理する場合は、酢締めにすると小骨が軟らかくなって美味く頂くことができます。春には卵の煮付けもぜひご賞味下さい。

京都府立海洋センター主任研究員 上野陽一郎
 (平成19年5月30日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?