ここから本文です。

丹後の海の生き物(クルマエビ2)

栗田湾で9月に漁獲されたクルマエビ

  3月中旬、栗田湾で体長5cmほどのクルマエビが放流されました。昭和56年に京都府栽培漁業センターが開所し、京都府で栽培漁業が本格的に開始されるよりも早く、昭和49年から38年間も続く稚エビの放流です。放流後うまく生き残り、順調に脱皮して成長すると夏から秋には、体長15cmほどの商品サイズ(写真)になって漁獲されます。
  クルマエビは、舞鶴湾、栗田湾、宮津湾で漁獲されるクルマエビ、ヨシエビ、クマエビ等クルマエビ科のエビの中で最も市場価値が高く、エビ刺網の漁獲対象です。クルマエビは、昭和30年代後半から瀬戸内海を中心に種苗生産・放流が始まった栽培漁業のトップバッターですが、京都府でも内湾漁業振興の対象種として、栗田湾において、水産業改良普及事業の一環として刺網漁業者らが中心になって、昭和49年から稚エビの中間育成・放流の取組が開始されました。昭和50年代後半には6トン前後まで漁獲が増えましたが、最近では数百kgと10分の1ほどで低迷しています。内湾の漁場環境が変わって、クルマエビの生息に向かなくなったのか他の原因があるのか、残念ながら本当のところはよくわかりません。
  稚エビ放流の効果を調べるため、脱皮しても落ちない標識方法として、平成10年ころ、株式会社環境総合テクノスと共同で尾肢切除標識法を開発、今でも各地で標識放流調査の手法として利用されています(クルマエビ豆知識もご覧ください)。


    (平成24年3月28日 中路 実)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?