ここから本文です。

丹後の海の生き物(マアナゴ)

マアナゴ

  マアナゴはアナゴ類の中でも最も美味い魚です。沿岸各地に棲み、夏には浅場の砂泥地に、冬には水深百メートル前後に移動します。丹後の海では主に延縄やかご縄で獲られています。この魚、夜行性で昼間には泥の中に身を潜め、夜間に餌を求めて動き回るので、漁具は夕方に入れ、朝に引き上げられます。
  マアナゴの食欲はすごく、私たちの調査で、放流されたマダイやアカアマダイの幼魚を一度に沢山食べている個体を見つけることも珍しくありません。マアナゴに食べられない放流方法の開発も必要になっています。
  なお、マアナゴは栄養的にも優れていて、成人病の予防効果のある不飽和脂肪酸や目の働きを助けるといわれるビタミンAも多く含んでいます。

京都府立海洋センター技師 尾﨑 仁
(平成18年8月2日、京都新聞掲載)

お問い合わせ

農林水産部海洋センター

宮津市字小田宿野1029ー3

ファックス:0772-25-1532

ngc-kaiyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?